車とその燃費 9月 7, 2015

“近年車において求められる、ひとつの要素として燃費が挙げられます。
燃料がなければ車は走行をすることができませんから、少ない燃料で多くの距離を走ることができる車というのはそれだけ経済的であり、不況の現代では特に重視されるものとなっています。

しかし、カタログでの燃費性能は良いはずなのに実際運転をしてみると思ったよりも燃費が伸びないと、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
そのような時には運転の仕方であったり、燃費が悪い使い方をしていないか振り返って見ることが大切です。
まず、燃料を一番消費するというのは発進や加速をしているときですから、無駄な急発進などがないか考え直してみる必要があります。
急発進急加速をして停車する時には急ブレーキを踏むような運転をしていると、それだけで燃費は悪化してしまいますから燃費が悪いと思ったときにはまず運転の仕方を見直す必要があります。
次に無駄な重量物を積み込んでいないかということも燃費に大きな影響を与える部分であり、トランクの中にタイヤだったりゴルフバッグといった重量物が積まれているとそれだけで、車を動かすのに余計にパワーを必要としてしまいますから燃費は悪くなってしまいます。
そのため、燃費が悪いと感じた時にはこのような、余計な重量物が載っていないかということを確認しましょう。
どれだけ車が進化しても使用する側が負担のかかる使い方をしていると、燃費は悪化してしまうものなのです。”

カテゴリー: 車とその燃費

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です