車のエンジンと電気自動車 9月 7, 2015

車といえばガソリンや軽油を燃やして走る場合が多いのですが、エコな環境を実現するためにハイブリッドシステムや電気自動車も登場して生きています。特に完全電気駆動車は注目されており、公共団体や企業を中心に導入が進んできています。ただし、内燃機関をベースにしている車との性能差がとても大きいので一般的に受けいれられるには技術革新がまだまだ必要と言われてます。性能差で一番の違いは走行距離です。電気はバッテリーに蓄積されますが、バッテリーはコストが高く、また重量、容積もガソリンや軽油とは桁違いに性能が小さいのです。そのため、長距離での利用が難しいです。また、ガソリンや軽油は給油が数分で済むのに対し、同じ距離を走るためにかかる充電時間は数十倍と言われています。ただし、排ガス0である点は環境問題を考えると絶対に必要車と言えます。今後、バッテリーの技術革新が期待されており、1回の充電で今よりも数倍の距離を走れるようになると期待されています

カテゴリー: 車とエンジン性能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です