車のエンジンと電気自動車 9月 7, 2015

車といえばガソリンや軽油を燃やして走る場合が多いのですが、エコな環境を実現するためにハイブリッドシステムや電気自動車も登場して生きています。特に完全電気駆動車は注目されており、公共団体や企業を中心に導入が進んできています。ただし、内燃機関をベースにしている車との性能差がとても大きいので一般的に受けいれられるには技術革新がまだまだ必要と言われてます。性能差で一番の違いは走行距離です。電気はバッテリーに蓄積されますが、バッテリーはコストが高く、また重量、容積もガソリンや軽油とは桁違いに性能が小さいのです。そのため、長距離での利用が難しいです。また、ガソリンや軽油は給油が数分で済むのに対し、同じ距離を走るためにかかる充電時間は数十倍と言われています。ただし、排ガス0である点は環境問題を考えると絶対に必要車と言えます。今後、バッテリーの技術革新が期待されており、1回の充電で今よりも数倍の距離を走れるようになると期待されています

車のエンジンと電気自動車 へのコメントはまだありません
カテゴリー: 車とエンジン性能

車とエンジン性能

“普段何気なく乗っている車でも、性能を生かして走る事ができているのかと聞かれたら返事に困る人も多いのではないでしょうか。税金を払う時には、排気量が関係してきています。リッター表記がしてありますが、この数字が大きくなればなるほどエンジンも大きくなっていると考えて差し支えありません。

排気量が小さいとその分税金は安くなりますが、性能はどうなのだろうかというと、これはそれほど関係ないのが実情です。一口にエンジンと言ってもたくさんありますから、排気量が同じだから全ての車のエンジンが同じという事にはならないのです。車によって一長一短があるのです。今は様々な技術を駆使して進化を続けていますので、コンパクトな小型エンジンであっても大型のエンジンを上回る性能を持っていることもあるのです。

エンジンの力としては二通りあって、最高出力と最大トルクに分けられます。出力、馬力が早さを示す数字でトルクが快適に加速をするための数字と考えましょう。その為、車選びのときにもライフスタイルを考えながらこれらの性能もよく見直すと自分たちに合った車を選びやすくなります。快適に走行をしたいならトルクを重視しましょう。加速が容易になるので燃費も向上しますし、坂も走りやすいです。普段ドライブをしたり高速道路もよく使う場合であれば、出力を重視してみて下さい。速度を必要とする場面で馬力がないと運転が大変です。このように考えて、車の性能をよく吟味して選んでいきましょう。”

車とエンジン性能 へのコメントはまだありません
カテゴリー: 車とエンジン性能