車の利用シーンと発展 9月 7, 2015

カーシェアリングの大手では、時代に合った自動車とライフスタイルの研究も実施しており、ビジネスモデルを確立するようなところまで来ているのです。若者の車離れが懸念されている現在、自家用車という意味合いよりも自転車に近い感覚で利用するように呼びかけているケースもあるわけです。週末の外出時にほんの少し利用するという場合にも、こういったサービスはメリットが大きく、利用する数も日に日に多くなっています。最新の性能を兼ね備えたモデルを運転できるということもあって、カーシェアリングができる大きなステーションでは、予約におけるシステムの完備も万全な状況となりつつあります。旅先で使えるレンタカーから自宅にいながら利用ができるものに意識が変われば、カーシェアリングを利用するシーンをもっと増やしていくことも十分に可能となるのです。今後の業界発展にためにも、一人一人が多角的な視点でアイデアを出していくことが重要です。

カテゴリー: 車に求められる事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です