車とそのデザイン 9月 7, 2015

“車のデザインというのは年代によっても流行があり、その時代にあったデザインが取り入れられています。
しかし、単純の流行だけでデザインが決まるわけではなく、性能などにも影響があるものであるため、車の概観というのも日々進化し続けているのです。

車というのはデザインによっても空気抵抗などが変わるので、特に現在のように燃費が重視される時代では空気抵抗を考えたデザインにされることがあり、その結果として燃費を追求したものは皆同じようなデザインになってしまうという傾向があります。
次に様々な制約によって昔のようなデザインにすることができなくなったという事情もあり、現在の車には事故を起こしてしまったときの安全性というものが求められるので、それに適合しないデザインのものは作り出すことができなくなってしまいました。

まず、事故を起こした時に車自体を保護するには衝撃を上手に吸収する必要があるため、その結果としてどのような車であってもある程度に多様なデザインとなってしまうことになります。
また、事故は人を巻き込んで起こしてしまうこともあることから、人をはねてしまった際の衝撃を少しでも和らげるために角ばったデザインではなく、丸みのある形になって衝撃を弱めるように工夫されていることもあります。

このように車のデザインというのは単に見た目だけの問題ではなく、性能の部分にも直接影響のあるものであるため、それにあわせたデザイン作りになるものとなっています。”

カテゴリー: 車とそのデザイン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です