車の利用シーンと発展 9月 7, 2015

カーシェアリングの大手では、時代に合った自動車とライフスタイルの研究も実施しており、ビジネスモデルを確立するようなところまで来ているのです。若者の車離れが懸念されている現在、自家用車という意味合いよりも自転車に近い感覚で利用するように呼びかけているケースもあるわけです。週末の外出時にほんの少し利用するという場合にも、こういったサービスはメリットが大きく、利用する数も日に日に多くなっています。最新の性能を兼ね備えたモデルを運転できるということもあって、カーシェアリングができる大きなステーションでは、予約におけるシステムの完備も万全な状況となりつつあります。旅先で使えるレンタカーから自宅にいながら利用ができるものに意識が変われば、カーシェアリングを利用するシーンをもっと増やしていくことも十分に可能となるのです。今後の業界発展にためにも、一人一人が多角的な視点でアイデアを出していくことが重要です。

車の利用シーンと発展 へのコメントはまだありません
カテゴリー: 車に求められる事

車の燃費ってどうきまるの?

車を購入する際重要なのが燃費です。しかし、燃費と言ってもメーカーが提供する燃費情報と実際に走った際に計算して出した燃費にかなりの差がある場合が多いようです。燃費はエンジンの性能だけで決まるものではありません。燃費の良し悪しは運転者の運転技術にかかっています。燃費の良いと言われているハイブリッド車の場合でも運転技術が荒い場合には燃費がそれほど良くないということもあります。運転技術については特に急の付く運転は燃費に影響が出ます。急発信、急停車はエンジンに負担をかけ、無駄な燃料を消費してしまうことが多いです。ハイブリッド車の場合、発進時にバッテリーで動くので燃費には良いのですが、急発進の場合はバッテリーではなく、燃料が使われることになるので注意が必要です。また、ハイブリッド車以外でも急発進は燃費にとても悪い影響があります。急停止についてはハイブリッドは停止時に充電するのですが、急停止では充電時間が短くなってしまいます

車の燃費ってどうきまるの? へのコメントはまだありません
カテゴリー: 車とその燃費

車のエンジンと電気自動車

車といえばガソリンや軽油を燃やして走る場合が多いのですが、エコな環境を実現するためにハイブリッドシステムや電気自動車も登場して生きています。特に完全電気駆動車は注目されており、公共団体や企業を中心に導入が進んできています。ただし、内燃機関をベースにしている車との性能差がとても大きいので一般的に受けいれられるには技術革新がまだまだ必要と言われてます。性能差で一番の違いは走行距離です。電気はバッテリーに蓄積されますが、バッテリーはコストが高く、また重量、容積もガソリンや軽油とは桁違いに性能が小さいのです。そのため、長距離での利用が難しいです。また、ガソリンや軽油は給油が数分で済むのに対し、同じ距離を走るためにかかる充電時間は数十倍と言われています。ただし、排ガス0である点は環境問題を考えると絶対に必要車と言えます。今後、バッテリーの技術革新が期待されており、1回の充電で今よりも数倍の距離を走れるようになると期待されています

車のエンジンと電気自動車 へのコメントはまだありません
カテゴリー: 車とエンジン性能

車のデザインに求められる物

車は一般的に使われるようになって50年以上たちます。車のデザインも時代と共に変わってきていますが、見た目の変化だけではなく、車の性能にも強く影響するようになってきています。車の性能と言えばエンジンやブレーキなどの走行性能に目を向けがちですが、エンジンやブレーキだけでは性能をあげられなくなってきています。重要なのはバランスです。どんなに力のあるエンジンや制動能力が高いブレーキを使ってもボディが風に影響を受けやすければ力を発揮できません。そのため、各メーカーでは流線型にこだわり、軽い素材を使いボディの性能を高めてきています。また、事故が起きた際、これまでは車内の人間だけを守れれば良いという発想からボディを作っていましたが、ぶつかった相手を保護するようにボディをわざと潰しやすくして衝撃を吸収させる仕組みも搭載されています。ボディが潰れると中にいる人間にも影響が出ますが、潰れる範囲を限定させることができており、衝撃を吸収しながらも中にいる人間の安全性を高めることに成功しています

車のデザインに求められる物 へのコメントはまだありません
カテゴリー: 車とそのデザイン

車に求められる事

“車に求められる事というのは人によっても異なり様々なものがありますが、まず安全に走行をするだけの性能が求められます。
そして、この部分に関しては現在販売されている全ての車がほぼ条件を満たしていて、安全に走行をすることが出来ることだけを重視するのであればどのようなものを選んでも問題ないといえます。
ただし注意が必要な点としては中古の場合には整備状況などによって、安全性が損なわれていることもありますから、その辺を良く注意して安全に乗ることができるものを選ぶようにしましょう。

次に道具としての価値が求められることが、最近では多くなっています。
不況の現在では車を遊びの目的で使うことができるだけの余裕がある人は少ないものですから、実用性が重視されることになり荷物や人をたくさん積むことができるミニバンなどが人気を集めていたり、燃費がよくて車内が広く荷物がたくさん載って普段使いの足として便利な軽自動車のようなものが求められるようになっています。

しかし、その一方で車としての楽しさというのも求められるひとつの要素となっていて、遊びで使うことができる人の数は少ないもののまだまだ運転をするのが好きという人は多いものですから、そのような人たちには運転をする楽しさ操作をする楽しさというものが求められるものとなっています。

このように車というのは単純な性能だけでなく、あらゆる面で求められる要素の多い乗り物となっているのです。”

車に求められる事 へのコメントはまだありません
カテゴリー: 車に求められる事

車とその燃費

“近年車において求められる、ひとつの要素として燃費が挙げられます。
燃料がなければ車は走行をすることができませんから、少ない燃料で多くの距離を走ることができる車というのはそれだけ経済的であり、不況の現代では特に重視されるものとなっています。

しかし、カタログでの燃費性能は良いはずなのに実際運転をしてみると思ったよりも燃費が伸びないと、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。
そのような時には運転の仕方であったり、燃費が悪い使い方をしていないか振り返って見ることが大切です。
まず、燃料を一番消費するというのは発進や加速をしているときですから、無駄な急発進などがないか考え直してみる必要があります。
急発進急加速をして停車する時には急ブレーキを踏むような運転をしていると、それだけで燃費は悪化してしまいますから燃費が悪いと思ったときにはまず運転の仕方を見直す必要があります。
次に無駄な重量物を積み込んでいないかということも燃費に大きな影響を与える部分であり、トランクの中にタイヤだったりゴルフバッグといった重量物が積まれているとそれだけで、車を動かすのに余計にパワーを必要としてしまいますから燃費は悪くなってしまいます。
そのため、燃費が悪いと感じた時にはこのような、余計な重量物が載っていないかということを確認しましょう。
どれだけ車が進化しても使用する側が負担のかかる使い方をしていると、燃費は悪化してしまうものなのです。”

車とその燃費 へのコメントはまだありません
カテゴリー: 車とその燃費

車とエンジン性能

“普段何気なく乗っている車でも、性能を生かして走る事ができているのかと聞かれたら返事に困る人も多いのではないでしょうか。税金を払う時には、排気量が関係してきています。リッター表記がしてありますが、この数字が大きくなればなるほどエンジンも大きくなっていると考えて差し支えありません。

排気量が小さいとその分税金は安くなりますが、性能はどうなのだろうかというと、これはそれほど関係ないのが実情です。一口にエンジンと言ってもたくさんありますから、排気量が同じだから全ての車のエンジンが同じという事にはならないのです。車によって一長一短があるのです。今は様々な技術を駆使して進化を続けていますので、コンパクトな小型エンジンであっても大型のエンジンを上回る性能を持っていることもあるのです。

エンジンの力としては二通りあって、最高出力と最大トルクに分けられます。出力、馬力が早さを示す数字でトルクが快適に加速をするための数字と考えましょう。その為、車選びのときにもライフスタイルを考えながらこれらの性能もよく見直すと自分たちに合った車を選びやすくなります。快適に走行をしたいならトルクを重視しましょう。加速が容易になるので燃費も向上しますし、坂も走りやすいです。普段ドライブをしたり高速道路もよく使う場合であれば、出力を重視してみて下さい。速度を必要とする場面で馬力がないと運転が大変です。このように考えて、車の性能をよく吟味して選んでいきましょう。”

車とエンジン性能 へのコメントはまだありません
カテゴリー: 車とエンジン性能

車とそのデザイン

“車のデザインというのは年代によっても流行があり、その時代にあったデザインが取り入れられています。
しかし、単純の流行だけでデザインが決まるわけではなく、性能などにも影響があるものであるため、車の概観というのも日々進化し続けているのです。

車というのはデザインによっても空気抵抗などが変わるので、特に現在のように燃費が重視される時代では空気抵抗を考えたデザインにされることがあり、その結果として燃費を追求したものは皆同じようなデザインになってしまうという傾向があります。
次に様々な制約によって昔のようなデザインにすることができなくなったという事情もあり、現在の車には事故を起こしてしまったときの安全性というものが求められるので、それに適合しないデザインのものは作り出すことができなくなってしまいました。

まず、事故を起こした時に車自体を保護するには衝撃を上手に吸収する必要があるため、その結果としてどのような車であってもある程度に多様なデザインとなってしまうことになります。
また、事故は人を巻き込んで起こしてしまうこともあることから、人をはねてしまった際の衝撃を少しでも和らげるために角ばったデザインではなく、丸みのある形になって衝撃を弱めるように工夫されていることもあります。

このように車のデザインというのは単に見た目だけの問題ではなく、性能の部分にも直接影響のあるものであるため、それにあわせたデザイン作りになるものとなっています。”

車とそのデザイン へのコメントはまだありません
カテゴリー: 車とそのデザイン