“自動車が発明されてから100年以上が経過し、大きな進化を遂げてきました。走る、曲がる、止まるという自動車に求められるものは基本的に変わりませんが、どのように走り、またどのように曲がり、そしてどのように止まるのかという、それぞれに求められている性能や質という点において、大きな進歩を見ることができるのです。

たとえば、走るということに関して、最初の自動車は馬車よりも遅く、相手にもされないような存在でした。しかし、エンジンが高性能化されるにしたがって、驚くべき速さをあっと言う間に手に入れるようになっていきます。エンジンが高性能化されると、それを受け止めるサスペンションも重要になってきます。サスペンションがエンジンに負けてしまうと、タイヤが空転したり、コーナリングで曲がり切れなかったり、まっすぐ走るにしても乗り心地が悪かったりなど様々な問題が生じてしまうからです。さらに、エンジンのパワーが大きくなれば、それに比例してブレーキも重要になってきます。曲がらない自動車も危険ですが、止まらない自動車はもっと危険です。

このように走る、曲がる、止まるに関しては、どれか一つの部分だけ際立っていてもだめで、3つがバランスよく揃っていることが大切です。もし、走る、曲がる、止まるという基本性能のバランスが崩れてしまうような一部だけの進化であれば、それを拒絶する人もいることでしょう。いかなる場合でも、安全性が確保されていることが重要なのです。

その自動車の安全性という点でも、近年急激に進化してきています。昔は主な安全装置といえばシートベルトくらいしかありませんでした。しかし、今やエアバッグやABSをはじめ、自動停止装置や衝撃吸収ボディなど考えられるあらゆる危険に対して、安全性がはかられるようになってきています。その中でも最近特に注目されているのは高感度カメラを使った安全システムです。自動停止装置もそうですが、肉眼では見えない暗闇にいる人や障害物の裏にいる人などをいち早く発見することもできるようになってきています。”

お気に入りサイト

Googleアルゴリズムに合わせたSEO対策で順位上昇
ディーボは、SEO対策事例、実験、無料レポート等のコンテンツを運営し、定期的に更新してます。